【一夜限りの特別投映】ガリレオ・ガリレイも登場!『ナイトプラネタリウム in 星きらり』開催

ナイトプラネタリウム in 星きらり

天の川って見たことありますか?

カメラが趣味なわたくし 37さん 、たま〜に天の川を撮影してみたりもするので、天体観測にはとても興味があるのです。

巷では「宙(そら)ガール」なんていうらしい。

そんな 天文好きな 宙ピーポー な皆さんにオススメのイベント☆
『ナイトプラネタリウム in 星きらり』が2018年10月20日(土)に開催されます!


10月~3月、毎月一夜限りのプラネタリウムを特別投映します!

10月 第1弾は「Telescope~宇宙への扉~」

360度全天周での迫力ある映像を、いつもよりちょっと遅い時間にお楽しみください♪

【時間】
◆ 1回目…18:00~  ◆ 2回目…19:00~

【料金】
小・中学生…150円  高校生以上…310円
内容が科学的なため、対象は小学生以上。

※お申し込みはお電話(0956-23-1517)、あるいは星きらりの窓口まで。

「Telescope~宇宙への扉~」あらすじ
ガリレオが初めて宇宙に望遠鏡を向け、400年が過ぎました。
この番組では、望遠鏡で人類と宇宙の関係を根本から変えてしまった3人の天文学者、ガリレオ・ガリレイ、ウィリアム・ハーシェル、エドウィン・ハッブルの大発見を辿る、400年の旅へと案内いたします。

 

天の川 が星の集まりであることを発見したのは、「天文学の父」としても知られるガリレオ・ガリレイなんだって!

天の川って見たことありますか?

天の川は七夕にだけ見えるわけではなく、年中いつでも見られるので(条件さえクリアしていれば)、実は流れ星よりも見つけやすいものなんです。

それなのに、「天の川見たことないよ〜」って方は結構多いのではないでしょうか?

天の川、見てみたくはないですか?

天の川はもちろん佐世保からだって見られるんです!

View this post on Instagram

#佐世保 #日本本土最西端 #モニュメント #天の川

hidekazu-tanigawaさん(@35kouseiphoto)がシェアした投稿 –


天の川を見るための条件
・雲がなく晴れていること
・空気が澄んでいること
・街明かりがないこと
・月明かりがないこと(新月が好ましい)
これは天の川だけでなく、流れ星や星空を見る条件とも同じことなので、頭の片隅に置いておくといいかもですね。

2018年11月8日、前後数日間はおうし座流星群と天の川を合わせて観測できるかも!

ロマンチックなデートにピッタリですね~。防寒対策もお忘れなく!

『ナイトプラネタリウム in 星きらり』と一緒にお楽しみください☆

ナイトプラネタリウム in 星きらり
住所長崎県佐世保市保立町12-31 [地図]
電話0956-23-1517
web佐世保市少年科学館星きらり

WRITERこの記事をかいた人

37さん

「みなさん」と読みます。写真を撮ることが好きで、美しい景色を求めてあちこち走り回ってます!皆さんのお役に立てる情報や、元気になれる記事を書けたらいいな〜と思っております!