40年経った今も尚飛び続ける「ボイジャー探査機」の活躍が上映されるみたい!

ボイジャー

星きらり サイエンス・プラネタリウムナイト「ボイジャー太陽系脱出」

ママライターのサキです。こんにちは〜

少年科学館(星きらり)では毎月夜に1日だけのプラネタリウム特別投映を実施していることはさせぼ通信をご覧の皆さまならご存知ですよね〜。これは全国各地のプラネタリウムでロングラン上映をされた作品を、特別に1日だけ投映させていただくという星きらりのスペシャル企画です。

 

ボイジャー太陽系脱出

1977年に打ち上げられ、40年たった今も飛び続けているNASAの探査機「ボイジャー太陽系脱出」が、2月23日(金曜日)に公開なんですって〜

太陽系の惑星を観察するというミッションを持ち、木星、土星とその衛星に接近して数々の発見をし、多くのデータと鮮明な写真を地球に送り届けてくれたボイジャー。
数々の功績を上げた今、ボイジャーはどこにいるのでしょう?そして、これからどこへ向かうのでしょう??
とてつもなく気になりませんか?
ボイジャー02

ボイジャーは1号と2号があるんだよ!

皆さまボイジャーは1号と2号があるってご存知ですか?
太陽系

ボイジャー1号は1977年9月5日に打ち上げられました。
1979年に木星、80年に土星に接近して探査を行った後、さらに旅を続け、2012年に恒星間空間へ入った人類史上唯一の探査機となったそうですよ〜

一方、ボイジャー2号は、1号よりも2週間早く8月20日に打ち上げられました。
1979年に木星、81年に土星、86年に天王星、89年に海王星に接近して探査を行っており、木星以遠のすべての惑星を接近探査した唯一の探査機ですって〜
こちらもボイジャー1号同様に、数年のうちに恒星間空間に入るとみられているんですって〜
※恒星間空間・・・星間空間(太陽系外)

ところで、ボイジャー1号より何故にボイジャー2号が先に打ち上げられたか気になるわたくしサキであります〜

そんな、ボイジャーの活躍と功績をプラネタリウムの大画面で観てみませんか?
ボイジャーと共に宇宙の神秘とロマンを感じてみるのもいいですね〜

是非この機会に星きらりの360度のスクリーンでの迫力ある「ボイジャー太陽系脱出」の映像を楽しむのもいいですね〜

サイエンス・プラネタリウムナイト「ボイジャー太陽系脱出」
日程2018年2月23日(金曜日)
投映時間①18:00〜
②19:00〜
対象小学生以上(未就学児は入場不可)
参加費大人:310円
小・中学生:150円
定員68名
場所少年科学館・星きらり
長崎県佐世保市保立町12-31 [地図]
申込方法電話または、直接来館
0956-23-1517

WRITERこの記事をかいた人

サキ

とりあえずミーハー。男の子2人のママでございます。 お花をちまちま扱うのが好きな女子です。 女子と言っていい歳でいいのかは不明ですがww ふらふらどこかに出没します。