新元号「令和」元年に開催の『三川内焼はまぜん祭り』!オークションやグルメ、窯元めぐりを楽しんで【令和記念数量限定品も販売】

画像提供:ながさき旅ネット

第34回 三川内焼はまぜん祭り

こんにちは、PKやまもとです。

もうすぐゴールデンウィーク、そして各地で陶器市が賑わうシーズン到来ですね!

みなさまお出掛けの計画はバッチリでしょうか?

させぼ通信では、そんなみなさまのお役に立つべく、さまざまなイベントやグルメ情報をまとめておりますので、楽しい休日の参考にされてみてくださいねー。

さて、今回ご紹介いたしますのは、佐世保市で古くから伝わる産業としての窯業、伝統工芸の『三川内(みかわち)焼』を受け継いできた三川内町で開催される恒例行事『第34回 三川内焼はまぜん祭り』です!

毎年チラシが渋いぜ!

400年の歴史を誇る三川内焼は、平戸藩の御用窯として献上品や諸外国への輸出品、贈答品として多くのひとびとに愛されてきました。

画像提供:ながさき旅ネット

針尾の網代陶石と肥後天草陶石を用いた美しい白磁に、藍色の染付が施された一級品で、「卵殻手(らんかくで)」「透かし彫り」といった技法は他に類を見ません。

『はまぜん祭り』30周年の折には、オランダ国王に三川内焼の「水次」が献上されたことでもニュースになりました。

また、昨年は東京の 「渋谷ヒカリエ」で『みかわち焼展』が開催されるなど、国内外からも注目されています。

やんごとなきうつわですね、ほんとうに。

でもでも、じつはみなさんのご家庭に1つは眠っているかもしれないんですよね~。

させぼあるある:みんなが持ってる三川内焼って知ってる?

2019.02.14

 

●ところではまぜんって何?

「はまぜん」とは、焼き物を焼成する時に、歪み防止のために下に敷く道具で、しかも一度使用されると二度と使用されることはないようです。

三川内焼の美しさをずっと支え続けてきた重要なアイテムなんですね。
はまぜん

そんな、とっても大切な役目を担う「はまぜん」に深く感謝の意を表し、その供養を行うお祭りが、『三川内焼はまぜん祭り』なんだって!

陶磁器へのこだわりと、陶芸の郷・三川内に対する愛着のもとに始まったというわけなんですね。

画像提供:ながさき旅ネット

 

令和元年5月1日スタートだよ

今年の開催は、まさに元号改正直後のタイミング

これを記念して、新元号『令和』を記念した数量限定品が三川内山公民館で販売されるんですって!

三川内焼コレクターの方は特に要チェックですよ。

では、マップを見ながら、各種イベントの内容をみてみましょう~。

☆チラシのダウンロードはこちらから→ 三川内焼はまぜん祭り

①はまぜん祭り開会式

5月1日(火・祝)11:00から、三川内山公民館にて開催。

②三川内焼オークション

1日2回(11:00~/15:00~)、三川内山公民館にて開催。※初日のみ11:30~

④まめうつわ展示販売

直径11㎝の豆皿を古い窯場にて展示販売。

ことしはさらに11㎝以下のサイズの器(ぐい飲みや小碗など)さまざまな形の器が登場するそうですよ。

⑤絵付体験(嘉泉窯)

三川内焼の絵付け体験ができます。送料別1000円程度。

⑥ウォークラリー(窯元めぐり)

本部にて受付。チラシをゲットして、番号がふってある各窯元を巡り、スタンプを10個以上集めて素敵なプレゼントをゲットしちゃいましょう!

空くじはナシだそうですよ~。

また、陶祖神社では5月1日10:30より「はまぜん供養」の式典が開催。ろくろ細工の実演が行われるそうです。

 

好評の『窯cafe』も期間限定でオープン!

コーヒー2
三川内焼窯元はまぜん祭りの期間中に、昭和初期~昭和中頃まで使用されていた古い窯場が修復されて「窯cafe」がオープン。

三川内焼の器を使って、コーヒーや豆皿スイーツ、お茶などを楽しみつつ、ほっと一息ついてはいかが〜。

 

本部前広場にはフード出店やガラポン抽選会も開催!

本部前では、ガラポン抽選会やフード出店が楽しめます。

「はまぜん弁当」や各種お食事、そしてなんとホテルオークラJRハウステンボスプロデュースのホテルカレーとサイラーのパンが味わえるとのこと!

おや、どこからか、パン好きライターyukariの視線を感じる・・・。

ハウステンボスにパン屋があるって知ってた?ホテルオークラJRハウステンボスの『Sailer(サイラー)』に行ってきました!

2019.03.09

 

駐車場は3ヶ所、無料シャトルバスも運行

駐車場は、三川内焼美術館前駐車場 [地図]の無料駐車場もしくは、2ヶ所の有料駐車場(玉峰窯ちかく・本部)を利用しましょう。

ゆったり時間と体力があるかたは無料駐車場がオススメですね~。

なお、三川内焼美術館前駐車場⇔はまぜん祭り会場⇔JR三河内駅のルートで無料シャトルバスも運行するとのことですよ~。
※20~30分間隔。

佐世保の三川内が守り続けてきた、ほかでは決して見ることの出来ない超絶技巧に魅入ってみるのもよし、掘り出し物をゲットするもよし!

さまざまな楽しみ方で、爽やかな五月の風が吹く窯元のまちをめぐってみてくださいませ。



余談ですが、PKやまもとの密かな楽しみは「まごの店」です。

ある窯元さんのお孫さんが絵付けをした作品が並んでいる小さなお店なのですが、おもわず頬がゆるんでしまうカワイイ作品がいっぱいなんですね~。

三川内焼、ちょっと敷居がたかいなあってひとは、ココからスタートするのもアリですよ。

今年もやっているかは不明ですが、ぜひ探してみて下さいね~。

左側のお皿は「まごの店」で購入。はにわも近くのブースでゲット。かわいいでしょ

 

グルメもやきものも!

させぼ通信おすすめの、三川内エリアのグルメをご紹介!

バレンタインにケーキはいかが?三川内本町の『ふらんす菓子 パティスリーヒロ』に行ってきました!

2019.01.19

三川内皿山に三川内焼を楽しめる「NOTOKO」っていうカフェがオープンする!

2018.04.09

陶器市、制覇してみる!?

人気インスタグラマー・西本早希さんも絶賛の波佐見焼がお得にゲットできちゃう!2019年『第61回 波佐見陶器まつり』のみどころと会場は?

2019.04.23

全国100万人規模の来場者!お買い得な有田焼が集う『第116回有田陶器市』が開催!2019年のみどころは?

2019.04.22

 

 

第34回 三川内焼はまぜん祭り
開催日2019年5月1日(水・祝)〜5月5日(日・祝)9:00~17:00
お問合せ0956-30-8311
(三川内陶磁器工業協同組合)
web 三川内陶磁器工業協同組合

 


WRITERこの記事をかいた人

PKやまもと

関心ごとはグルメ・アート・音楽・演劇・イベント・B級スポット・読書・させぼの歴史などなどです。猫への愛が止まりません。