12月10日より、ドローン飛行ルールが導入されます。

ドローン 航空法

 

追記

◎DJI公式サイトに、ドローンの飛行可能エリアマップが公開されました。

 

一時期話題になりました「ドローン」
良いも悪いも、日本でも「ドローン」という言葉を広く認知させていましたね。
何にしても、開発する方々は悪用するためにお金や時間を費やしているワケではナイはずなんですが使用者次第ですね。
実際させぼ通信も「ドローン」を使用し撮影や測量などに協力していたのですが、現在倉庫に眠ったままであります。

やっと日本も航空法ができるようなので、これからは航空法の飛行ルールに従って飛行させましょうね。

 

改正航空法において導入される無人航空機の飛行ルール

 

1.無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)~(C)は、国土交通大臣の許可を受ける必要があんだって。
ドローン 航空法2
出典:国土交通省ホームページ

 

航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域
(A) 空港等の周辺の空域

空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域

空港等の周辺に設定されている進入表面等は、東京・成田・中部・関西国際空港及び政令で定める空港においては概ね24km以内で、それ以外の空港においても概ね6km以内の範囲で設定されておりますので、詳細については、空港ごとに下記ページにてご確認ください。

※ 各空港等に設定されている進入表面等について

(B) 地表又は水面から150m以上の高さの空域

 

人又は家屋の密集している地域の上空

(C) 平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域です。

○ 総務省統計局ホームページ
・ 人口集中地区境界図について
また、実際に飛行させたい場所が人口集中地区に該当するか否かは、航空局にお問合せいただくか、政府統計の総合窓口が提供している、以下の「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」を利用して確認可能です。jSTAT MAPを利用した確認方法については、以下の「【参考】 jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法」をご参照下さい。

○ e-Stat 政府統計の総合窓口
・ 地図による小地域分析(jSTAT MAP)
・ 【参考】 jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法

 

 

2.無人航空機の飛行の方法

ドローン 航空法
出典:国土交通省ホームページ

 

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、
[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

といったルールを守っていただく必要があります。

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

※捜索又は救助のための特例について
上記の(1)及び(2)の飛行ルールについては、事故や災害時に、国や地方公共団体、また、これらの者の依頼を受けた者が捜索又は救助を行うために無人航空機を飛行させる場合については、適用されないこととなっています。

一方、本特例が適用された場合であっても、航空機の航行の安全や地上の人等の安全が損なわれないよう、必要な安全確保を自主的に行う必要があることから、当該安全確保の方法として、以下の運用ガイドラインを当局として定めていますので、特例が適用される機関や者については、本運用ガイドラインを参照しつつ、必要な安全確保を行うようにして下さい。

航空法第132条の3の適用を受け無人航空機を飛行させる場合の運用ガイドライン

 

と、かなり厳しい条件ではありますが、「ドローン」をご使用予定の方はお早めに、許可・承認の申請手続きをしておきましょう。
※11月17日から 改正法施行にあたっての許可等の事前受付を開始しているようです。

詳しいことは、国土交通省の 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール にて。

 

 

■DJI – Introducing the DJI Zenmuse X5 Series

 

国土交通省

〒100−8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 [地図] 電話: 03-5253-8111
mlit.go.jp

 

 


WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。