外回り営業マンがコッソリ教える、佐世保のオススメ休憩スポット!

佐世保のオススメ休憩スポット!

外回り営業がメインの営業マン。

暑い日も寒い日も雨の日も雪の日も嵐の日も…

会社の外で走り回り、ノルマや成績、出張に残業と、様々なストレスを抱えながらも、ひたすら前を向き、家族のため、愛するヒトのため、社会のため、または自分のために頑張る営業マン。

bisiness

 

時には「 休憩したい・サボりたい 」などと思うこともあるでしょう。

しかし、会社や上司にはバレたくない!

確かに、バレてしまうと自分の評価を下げるばかりか、ヘタしたら仕事を失うなんてことも否定できません。

bisiness

 

そんなみなさんに、

プロの営業職の方々より、普段休憩しているスポットをいくつかピックアップして頂きましたので、コッソリ教えちゃいます!

「ネットで何してくれとんねん!」というツッコミは承りませんのでご了承ください。

 

 

1.外回り営業マンにとっての聖地!

コンビニエンスストア
広い駐車場のコンビニは、やはり大人気!
(今回教えて頂いた「◯◯町のコンビニ」というのは、まとめて「コンビニ」としています。)

食料や飲料の補給はもちろん、トイレだって付いています。

完璧すぎるコンビニの駐車場ですが、とてもオープンな環境のため、発見されるリスクも高く、他のお客様の迷惑にもなり兼ねないので、ほんとうの意味でのリラックス効果(昼寝)などは、少々難しいかと思われます。

 

 

2.数百円で安全と友好を確保!

breakspot4 breakspot5

西海パールラインの駐車場!

軽自動車 100円〜150円、普通車 150円〜200円を払うだけで、一日の安全は確保できるでしょう。

トイレ・自動販売機も完備され、日当たりも良好ですし、うまくいけば、有料料金だって経費で落とす。なんてことも。

とても広い駐車場なので、競合他社とのバッティングもさほど気になるコトはないはずです。
逆に「あら、また会いましたねぇ」などと会話も弾み良い関係を築けるかもしれませんね!

 

 

3.大型ショッピングモール!

breakspot6 大塔イオン

佐世保各地のショッピングモールの駐車場!

佐世保も各地域に様々なショッピングモールがありますよね。

休みの日には、家族を連れて訪れる方も多いショッピングモールですが、実は平日もお世話になってるとかいないとか。

こちらも、オープンな環境ですが、リスク回避のため立体駐車場へ駆け込むコトも可能です。
更に、奥様から頼まれたお買い物なども、この機会にサっとクリアできるというメリットが。

 

 

4.ホテルオークラ JRハウステンボスの先には・・・!?

breakspot1

某トラベルサイトでは、
「佐世保市で 41 件中 1 位のホテル」
と、佐世保でも人気が高いホテルオークラ。
そんなオークラを横目に、さらーっと奥に行くと行き止まりのこのスポット。

 

breakspot2-3

コチラは、飲み物もトイレもありません。
しかし、目の前には川?海?というロケーション。

晴天ならばポカポカと暖かく、窓を開けると、生命の波音が囁き、潮の程よい香りが自然と目を閉じさせてくれます。

さらには、オランダで最も高い教会鐘楼を再現した ドムトールン が見え、あれ?ここ日本だっけ?とトリップさせてくれるコトでしょう。

 

 

5.この坂を駆け上がると…!?

breakspot7

 

佐世保市花園町の市民会館と石村萬盛堂の間を、ひたすら駆け上っていくと、小さな公園があります。

breakspot8 breakspot9

そう、この公園周辺がスポットです。
すぐ近くにデイリーストアもありますので、飲食料やトイレの心配は皆無です。

横のガードレールの先に目を向けると、折橋町の街並みがひろがります。

発見のリスクはかなり低いですが、昼間12時間以上ウッカリ寝てしまうと、法律を犯しかねないので、お弁当を食べるくらいにしておきましょう。

 

 

6.下界とのコンタクトを遮断!

breakspot13

登り口がたくさんある、烏帽子岳!
頂上へ登る途中には、車1台、または2〜3台ほど停められそうなソコソコ広い路肩があります。

お客様や会社から連絡があっても、スグに対応できる登り口付近の路肩は大人気のようです。

大自然に囲まれ、美味しい空気をたっぷりと味わいながら〜と、いつの間にか瞼が閉じかけかねませんが、そこは地元の人の駐車場であったりもするので事前に許可を申請しましょう。

お時間が許す方は、いっそのこと頂上まで駆け上がりましょう!

breakspot10

 

頂上には広い駐車場があり、トイレもあります。

発見のリスクはかなり低いですし、頂上まで登っちゃったんだから、下界との通信は?
などという考えを捨てさり、広大な自然を思う存分満喫しリラックス・リフレッシュできることでしょう。

breakspot11

 

 

7.自宅

breakspot

もはやコチラにかなうものはないでしょう。
昼食食べるのもヨシ!
映画観るのもヨシ!
寝るのもヨシ!

自分の好きなように時間を潰し、極上のリラックス効果を期待できることでしょう!

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか?
ほぼ人様の道路や土地なので、長時間休憩をご予定の際は、ご自宅がベストだと思います。

そして、今回ご協力してくださったプロの営業マンの方々ありがとうございました!
というか仕事しましょうね!

 

 


WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。