LINEスタンプ作ってみた!サクッと作れるから皆さんもいかが?

本当に簡単にできた!LINEスタンプを作ってみた!

どうもフジムラです。

先日、ふと落書きをしてたら下手くそでいい感じの絵ができましたので思い切ってLINEスタンプを作ろうと思いたっちゃいまして。

スタンプにしようとなったきっかけの絵がこいつです。小馬鹿にしているようなこの表情。いかがでしょう?むかつきますよねこいつ。
linestampmake6

40個のイラストが必要

LINEスタンプにするには、40個のスタンプ用画像を用意しないといけません。
まずは40パターンをどうしようか思考を巡らしました。

 

本当はたくさん売れるようにと、「誰」が、「どういう時に使う」かとターゲットや用途を決め、キャラクターやテーマを考えなきゃならないようですが、今回は初めてということでまずは自分自身が使うことを想定して、相手からのメッセージにスタンプだけで返事が出来る「返事系」で行こうかなと。

 

まずはひたすら「ひと言返事」を紙に書き出していきます。(字の下手くそさの方がやばい。。。)
linestampmake7

 

あのゆるい顔の彼が返事をするということで「ゆる返事系」にしてみました。
でも返事だけでは40個に到達せず、疑問系もまぜちゃいました。
どうにかこうにか40個を絞り出せましたので早速イラストにとりかかります。

イラストを描いてみよう

作画ソフトはこちらのフリーのソフトを使いました。W370 × H320(単位はpixel)という画像サイズのイラストが必要ですが、そのまま作ると荒くなっちゃいそうなのでキャンバスサイズを3倍くらいの大きさにします。
linestampmake5

 

このソフトはマウスでも使えるんですが、こんな日が来ることを想定してamazonさんで買っていた、パソコンにつないで絵を描ける「ペンタブ」というお絵かきツールを使いました。
linestampmake9

 

ささーっと手の赴くままに書き上げていきます。
こんな感じで。うん、いい感じのキャラができました。(これは次回使おう。)
linestampmake3

 

表情だけでいけるイラストはそのままでいいですが、用途が曖昧なイラストは文字で表現してもOK。
linestampmake10

 

これで使い道がはっきりしましたね。

「ねぇねぇ、美味しいカフェ知らない?」

っていうメッセージを女子からもらった時などに使えそうですね。
こんな感じで、どんな時に使うかを想定するといい感じでスタンプができるはずです。
LINEスタンプの製作ルールに則ってサクサク作っていきましょう!

画像の背景を透過する

LINEスタンプは背景を透過しなければいけないというルールがあります。キャラクターや文字以外は透明にするってことですね。WEBで使える画像編集のPIXLR EDITORってのを使ってみました。
linestampmake11

 

「コンピューターから画像を開く」で画像ファイルを選択し、
linestampmake1

 

右の「レイヤー」のところの「鍵マーク」をダブルクリック。
左の「ツール」の三段目にあるスティックの形やつで背景部分を選択+Delete。これで背景の透過が完了です。
注意して欲しいのが、このイラストでいうところの文字「あ」と「や」に背景につながっていない部分(線で囲まれた部分)があって、そこも選択して消してくださいね。
私はこれで一回リジェクトを受けてしまいました(凡ミスですね)。
linestampmake2

 

キャラクターと文字以外が消されていれば画像をpng形式で保存して完成です。これを40回繰り返し行えばいいんです。
私は爪が甘いタイプなのでリジェクトされてしまいましたが、しっかりチェックしてガイドラインに沿って作れば一発で審査通ると思います。
こちらがガイドライン>>制作ガイドライン

 

以上がイラストを作成する流れだったんですが、どうですかここまで。
パソコンさえあればなんだかんだ無料のツールで絵が描けるんですよ。

クリエイターの登録

画像ができたらこちらに登録していきます。
linestampmake4
LINEスタンプクリエイターズマーケット

販売までの流れは

  • 1.クリエイターの登録
  • 2.テキスト情報と画像の登録
  • 3.審査
  • 4.販売開始

って感じです。登録はいたって簡単。
指示されるがままに登録していきましょう。

審査期間は10日前後

私は10日で審査結果が返ってきました。
ただ上記にも書きましたがリジェクトという結果。。。「※背景の一部が部分的に透過漏れしています」というメッセージをいただきました。すぐに修正して再申請。また10日ほどかかってやっとこさ無事承認という結果になりました。

イラストを作る前と、作った後、しっかりとガイドラインをチェックして画像も入念にチェックしてから申請しましょうね!
人によっていろいろなやり方があるので自分にあった方法を探しみてくださいな〜。

作成したスタンプ

今回作成したスタンプについて少しご紹介します。

前述した通り、ほじっている彼のゆるさを活かし、「ゆるく返事をしたい時に使えるスタンプ」というテーマで作りました。
キャラクターを固定しようかとも考えましたが、キャラの名前を考えたりするのも煩わしいのと、同じクオリティーで同じ顔を描くことが困難だったのでキャラクター縛りをせず、40人分作ってみました。
ただし、すべて男性キャラです。今度女子キャラにも挑戦したいと思います。

早速自分で購入して使ってみた

そう、自分で使いたければ自分で購入するしかないのです。だから1個は確実に売れるのです。(やった〜!1個売れた〜!)

IMG_7613

自分で作ったスタンプでコミュニケーションとれるって感慨深いものですね。うれしすです。
これから第2弾、第3弾と作っていこうかなーと思います。

万が一のご購入について

もし「これこそ求めていたスタンプだー!」って思った物好きさんのためにボタンを設置しています。120円もしますから無理なさらないでくださいね。
※上で描いていた「生き延びたおじさん」は今回のスタンプには入っておりません。

linestampmake12

 


WRITERこの記事をかいた人

佐世保市出身、二児の父。 趣味はかっこつけて「読書」とでもしときましょうか。 みなさん活字読みましょー!