もしかすると我が子もデビュ!? 映画「こはく」の市民オーディション開催!

映画こはく

映画「こはく」市民オーディション

人生の中で一度くらいは映画に出てみたい!

ママライターyukariです!こんにちは〜

最近テレビや映画では、たくさんの子役の子たちがいますよね〜
あら〜この子、うちの子と同じ年なのね〜。なんて思うことも多々あるのではないでしょうか?

とかなんとか言いながらも、やっぱりうちの子が一番かわいい!って
SNSに載せてたら、どこかの芸能事務所から声がかかったりしないかな〜なんて思ったり・・・

そんな我が子に大チャンス到来ですよ!

佐世保で市民オーディション開催

長崎県佐世保市出身の映画監督・横尾初喜さんの作品「こはく」
監督の幼い頃に父がいなくなり母子家庭で育った過去を元に描かれているそうです。
結婚や母の死をきっかけに心の奥底に押し込めていた悲しみや愛情に気づき、人として強くなっていく。
そんな家族をテーマにした物語が、長崎を舞台に始まろうとしています。

オール長崎ロケでの映画製作、あなたも参加できるかも!?

100年先も残る映画を、ここ長崎で

地元を愛してやまない監督。
撮影はすべて!そう!オール長崎ロケです!

映画製作に地元の皆様が「じぶんごと」として関わる。

100年先も残る映画を、ここ長崎で。

この思いのもと、2018年3月クランクインするそうです。

オーディションの詳細はこんな感じ!

募集対象①5歳〜12歳の男の子(主人公・主人公兄の幼少期時役)
②老若男女、プロアマ問わずどなたでも参加可能です
候補地長崎市/佐世保市/平戸市/五島市
撮影期間2018年3月25日~4月10日(予定)
応募条件なし(交通費の支給はありません)
募集締切2018年2月13日(火)
オーディション2018年2月18日(日)
佐世保市中央公民館 講義室3F [地図]
web オール長崎ロケ映画「こはく」
問合せ090-5943-0908
長崎県観光連盟 長崎フィルムコミッション
担当:横山亜津子

オーディション申込みはこちらから

オーディション当日はイベントも開催

オーディション当日は、楽しいイベントが満載なようです!
オーディションに参加されない方も、映画の雰囲気を味わってみてはいかがでしょう?

親子写真イベント
佐世保在住の写真家・中倉壮志郎さんによる写真セッション開催!
・中倉さんと一緒に写真をとってみよう
・中倉さんの親子写真撮影
・世界の子ども写真の展示
時間 11:00〜15:00
会場 四ヶ町アーケード内 親和銀行本店周辺・中央公民館
ワークショップ
映画「こはく」にちなんで、こはく色をテーマにしたワークショップや、親子が楽しく参加できる体験イベント、出店イベントが満載!
・親子あそびの広場(親子広場 よんぶらこ / 親子いこいの広場 もくもく)
・ワークショップ(にしむら かえ / RED BARE)
・マルシェ(Anny / STERN / Good Coffee Labo -Roastery&Cafe – / Inaho smallkitchien / マフィンながお / ジェリーズポップコーンわーくさせぼ店)
トークイベント
監督やプロデューサー製作陣に気軽に質問できる「映画づくり」に関するトークイベント
時間 12:30〜13:00
会場 中央公民館

うちの息子も対象年齢にハマってる!!!と私と同様思った親御さん方。
子供の才能を開花させるきっかけにもなるかもしれません!

幅広い年齢層の役のオーディションもあるみたいだから、家族でオーディションを受けてみるのも、いいかもしれませんね〜
私も受けに行ってみよう!か、な〜。

オーディション申込みはこちらから

 

主催 / 映画「こはく」制作実行委員会(nagasaki.kohaku@gmail.com)、SASEBO映画親子体験プロジェクト(佐世保・こどもたちと未来を創る会)
後援 / 佐世保市・長崎県観光連盟フィルムコミッション

映画こはく

WRITERこの記事をかいた人

yukari

老いをくいとめる為に日々、研究に励むアラサー女子。 夢は娘と、姉妹に間違われる事。ICH RINという名で、アクセサリーも作ったりしたり。もう一つの夢はInstagramのインフルエンサーになる事www どうぞよろしくお願いします♡