森きららが国の天然記念物「ツシマヤマネコ」の展示を再開してた!

ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコ「つしまる」の展示再開

ツシマヤマネコの繁殖のため、毎年冬から春にかけては展示を休止されるんですが、今季の繁殖期が終了したようで、みなさんも待ちに待ったツシマヤマネコ「つしまる」の展示が再開されたようですね〜!

森きららのツシマヤマネコ

ツシマヤマネコって?

ツシマヤマネコ
(対馬山猫、学名:Prionailurus bengalensis euptilurus)は、ネコ目(食肉目)ネコ科に属する哺乳動物の一種。本亜種は日本では長崎県の対馬にのみ分布する。

引用:Wikipedia –ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコは灰褐色の体に斑点模様があって、額の縦縞模様、耳の裏の白い斑点などが特徴なんですよね〜!

西海国立公園九十九島動植物園で展示されている「つしまる」は、福岡市動物園生まれで12歳。
ざっくりと人間でいうと64歳くらいですって〜。

2017年5月20日より展示が再開されているので、元気な姿を見に行っても良いのではないでしょうか〜

九十九島動植物園 森きらら
住所長崎県佐世保市船越町2172 [地図]
時間9:00~17:15
(入園は16:45まで)
休園日年中無休
料金大人(高校生以上):820円
小人(4歳〜中学生):210円
3歳以下:無料
web九十九島動植物園 森きらら
EycachPhoto credit: tomosuke214 / CC BY-NC-SA

ツシマヤマネコ

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。