SASEBO軍港クルーズ 運行再開!初回の目玉は「くらま」

DD144 くらま

SASEBO軍港クルーズ(常設運航)

冬季の間はチャーター便のみの運行でしたが、春を目前にして、2017年3月18日通常便の再開ですって!

軍港クルーズ船

 

Sasebo軍港クルーズでは、海上自衛隊が米海軍とともに歩む日本の西の護りの要、佐世保港を擁する佐世保湾を1時間コースで巡り、軍港を構成する地上施設や、目の前を大迫力で通過する海上自衛隊護衛艦群、他にも米本土以外ではここでしか見る事の出来ないアメリカ海軍艦艇等を案内を聴きながら間近にご覧頂けます。

引用:Facebook

今期初回の目玉は「くらま」

3月22日に除籍を控えた海上自衛隊佐世保基地の顔とも言える「DD144 くらま」の姿をご覧頂ける最後のチャンスになるかもしれないとのこと!

くらま (護衛艦)
昭和51年度計画5,200トン型ヘリコプター搭載護衛艦2404号艦として、石川島播磨重工業東京第1工場で1978年2月17日に起工され、1979年9月20日に進水、1981年3月27日に就役し、同日付で第2護衛隊群隷下に新編された第52護衛隊に護衛艦「はるな」とともに編入され佐世保に配備された。

案内人は吉川拓朗氏

佐世保観光マイスターゴールドの吉川拓朗氏による案内付きなので安心ですね!

SASEBO軍港クルーズ
集合佐世保港
所要時間60分
定員64名
料金大人2,000円(中学生以上)
小人1,000円(小学生)
※未就学児は大人1名につき1名無料、2人目から小人料金
申込 佐世保観光情報センター(JR佐世保駅構内)でのみの発売。
電話:0956-22-6630

DD144 くらま

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。