インフルエンザ患者数が急増!予防対策しましょうね!

全国でインフルエンザ患者数急増!

厚生労働省は27日、全国約5千カ所の医療機関から16~22日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり28・66人となったと発表した。全都道府県で前週より増加し、このうち17県は「警報レベル」とされる1医療機関当たり30人を超えた。インフルエンザの流行は例年、1月下旬~2月初旬にピークを迎える。

引用:産経新聞 1/27(金) 15:43配信

警報レベルの地域

神奈川、静岡、埼玉、千葉、愛知、福井、山梨、長野、三重、広島、岡山、山口、徳島、福岡、佐賀、宮崎、大分の17県ですって!
佐世保市がある九州でもお隣佐賀県や福岡県が警報レベルって事は気を付けまくんないといけませんね!

 

ウイルス検出状況は、AH3(A香港型)が最も多く、B(ビクトリア系統)、AH1pdm09が検出されているみたいで、年齢別だと、5〜9歳(約26万人)、10〜14歳(24万人)って事なので、お子さんがいるご家庭は、感染させないためにもしっかりと防衛しないといけませんね!
一番は「マスク」と言われていますので、外出時は着用して、帰って来たら石鹸で手を洗うって事も、ウイルスを物理的に除去するのには効果的みたいですよー。

 

厚生労働省のホームページに役立ちそうな事がちょこちょこ書いてありますのでご参考までに〜!

今冬のインフルエンザ総合対策について
インフルエンザQ&A
インフルエンザ施設内感染予防の手引き


WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。