替えまっしょいでお馴染みの「早岐茶市」が今日から始まってる!

早岐茶市 2017

本日7日から、早岐茶市・初市が始まりましたよ。

早岐茶市 看板2
これは、2016年の写真ですけどね

早岐茶市とは?

スクリーンショット 2016-05-07 7.22.44 PM

400有余年の歴史をもつ「早岐茶市」
安土桃山時代の頃から海陸共に交通の要であった早岐で、山に住んでいた猟師や山武士達が獲った鳥獣の皮等と、海辺に住む漁師が獲った魚や海藻等と物々交換をしていたことから自然発生的に「市」が立つようになり、田植前の農閑起で、初夏の素晴らしいこの季節に縁起のいい「七・八・九」のつく日に市が開かれるようになりました。

替えまっしょい、替えまっしょいって言おう

早岐瀬戸の周辺は「替えまっしょい、替えまっしょい」と海や山の幸を交換する人々、数万の人出があったと伝えられております。これは17時過ぎ頃。
早岐茶市 片付け

 

この頃に、九州のお茶の相場が早岐で決まったとも言われております。これは金魚すくい。
早岐茶市 金魚すくい

 

こちらのお店の間の奥には、ひとん家の玄関があります。
早岐茶市 玄関

 

刃物がホイホイ置いてあるのも日本だけではないでしょうか。
早岐茶市 刃物屋さん商品

茶市のイベントもある

早岐茶市のチラシ
 

早岐茶市
開催期間
  • 初市:5月7・8・9日
  • 中市:5月17・18・19日
  • 後市:5月27・28・29日
  • 梅市:6月7・8・9日
時間10:00〜16:00
電話0956-38-1503
(早岐商工振興会)
web 早岐茶市公式ホームページへ

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。