ハエトリソウ 【 世界で最も不思議な 食虫植物 】

こんにちわ。最近鯛(たい)を食べれるようになったTAKE-Dです。

学生のみなさんは、もーすぐ夏休みですね。
夏休みの課題といえばやはり自由研究でしょう?ん?ちがう?

とりあえず、ワタクシも自由研究をテーマになんかやってみようってことで、「 食虫植物 」を観察していきたいと思います。

 

食虫植物 とは?

・栄養分が少ない土地で生息するために、虫を捕らえて養分にするために独自の進化を遂げた植物です。

・虫ばっか食ってるわけではなくて、基本は光合成能力があり自ら栄養分を合成して生育する能力があります。

・代表的な5属は、 ハエトリソウ 属・ネペンテス属・サラセニア属・モウセンゴケ属・ムシトリスミレ属でとっても有名なのは、やはり ハエトリソウ でしょう。わたしもコレしか知らなかった。

・この有名な ハエトリソウ は、ダーウィンが熱心に研究に取り組み「世界で最も不思議な植物」と言ったぐらい。

ハエトリグサ

トラップのメカニズム

ハエトリソウ  は二枚の葉っぱで虫をパクッと閉じ込めちゃうんですが、葉身に3つの感覚毛と呼ばれるセンサーがあって、これに2回触れるとパクッとやられるわけです。

捕らえた虫は、1週間ほどで虫の養分を取り終え、また葉をひらきます。

このセンサーは虫以外も反応するらしいですが、消化液はタンパク質に反応して出るため、タンパク質以外のものを挟んでしまったら、葉を開いて排出しようとします。

この運動には、莫大なエネルギーを使っちゃうので、いたずらに指で触って空振りさせたりすると、枯れてしまうそうなんで、動くのを見たくても我慢しましょうね。

sikumi

 

▼こんな不思議な 食虫植物佐世保 で身近に体験できるイベントがあるみたいですね。

 

パクッとネバネバ虫食う植物展

虫を捕らえて栄養源にする“ 食虫植物 ”を集めた展示会です。

虫を捕まえるための驚きの仕組みを学ぶことができます。

不思議で魅力的な 食虫植物 の世界に触れてみませんか?

詳細はこちら>>> http://www.sasebo99.com/event/62007/

九十九島動植物園 森きらら

◼︎開催日 8月1日 〜 31日

◼︎展示数 約40品種 300点

◼︎イベント
① 食虫植物 スポットガイド/14:00~14:15
ウツボカズラやサラセニアなどの食虫植物の捕虫方法と、
実物を使って説明します。
*「夜の動植物園」開催日は、14:00~、19:00~の1日2回開催

 

② ハエトリソウ の捕虫観察会/14:15~14:30
ハエトリソウ に虫を与える体験ができます。

*「夜の動植物園」開催日は、14:15~、19:15~の1日2回開催

 

◼︎HPはコチラ>>morikirara.jp

 

▼【注意!】虫がニガテな方は見ないほうがよろしいと思います。

 

みなさんも 食虫植物 に興味が湧いてきたことと思います。


WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。