この丸い球は何?梅ヶ枝酒造の「春の蔵開き」が開催されるよ!

梅ヶ枝酒造の杉玉

梅ヶ枝酒造の「春の蔵開き」

はいさい!沖縄在住が長くて、ビールと泡盛は飲み慣れてるけど、日本酒は飲み慣れていないだけにちょっと苦手な、させぼ通信のヨネっちです。

梅ヶ枝酒造は天明7年創業、今年で創業230年を迎える老舗の酒造所。
江戸時代の建物を現在でも使用していて、国の登録有形文化財にも指定されているとかって、もうみんなご存知でしたね!

その梅ヶ枝酒造で、2月10日(土)・11日(日)の2日間、「春の蔵開き」があるそうですよ~
今の時期は、日本酒の新酒(秋に収穫した新米でつくる日本酒が、できあがる)の時期なんです。
日本酒の「ヌーボー」の季節ってことですね!

梅ヶ枝酒造春の蔵開き
樽酒や甘酒のふるまい、豚汁のふるまいがあったりいろんな催し事があるようですよ!
広い蔵の中に作った特設ステージで酒蔵コンサートも行われるそうな~

一番の目玉は新酒の「今朝しぼり」!

日本酒の作り方はざっくりいうと、
「お米」を麹菌で「米麹」にして、その「米麹」を酵母の力で「もろみ」にして、その「もろみ」を絞ると、日本酒ができる、そうです。たぶん。

この春の蔵開きで一番人が集まるのは、その「もろみ」を当日朝にしぼり、しぼりたてのお酒をお客さんの目の前で瓶に注いで販売する、「今朝しぼり」と呼ばれるものだそうです。
しぼりたててで寝かせてないので、まろやかさはないらしいですが、日本酒本来の香りと、荒々しい風味が、春を告げるヌーボーとして大人気らしいです!
朝10時の販売開始から、行列になるそうですよ~!

ってそんなこと聞くと、日本酒苦手なヨネっちも少し飲んでみたくなりました~

無料のシャトルバスも運行~

人気のイベントなので、駐車場はいっぱいで入れないそうです。
そして、なにせ酒造所の蔵開きなんで、ちょっとだけ味見もしたくなるもんですよね。

飲酒運転になりますから、蔵開きに行くなら車では行かんほうがよかかもですね。誘惑に負けそうです。

ハウステンボス駅からは随時無料シャトルバスを運行させてるそうなので、当日は電車でいって無料バスを利用したほうがよかごたる気のしますね~!

そういえば、あの丸い球はいったい何だ??

この記事の最初の写真に写っているあの丸い玉。気になりますよね。
あの緑色の丸い球は、「杉玉」というそうですよ。

造り酒屋の軒先にぶら下がっているもので、「(日本酒の)新酒が出来たよ!」ってことをみんなにお知らせするために、この時期に杉の穂先で新しく作って軒先にぶらさげるんですね~。
秋になると、この杉玉も枯れて茶色くなり、それはそれで、日本酒の熟成度合いを表すってことらしいです。

梅ヶ枝酒造の「杉玉」も青々としていましたよ!
新酒ができてるよってコトですね〜!

春の梅ヶ枝酒造
梅ヶ枝酒造 春の蔵開き
住所長崎県佐世保市城間町317 [地図]
開催日2018年2月10日(土)・11日(日)
時間10:00〜15:00
電話0956-59-2311
web 梅ヶ枝酒造

梅ヶ枝酒造の杉玉

WRITERこの記事をかいた人

ヨネっち

はいさい!21年沖縄に住んだのち、佐世保にUターンしてきました!体の半分は「うちなんちゅ(沖縄人)」かもしれません!趣味は三線をつま弾くこと~。なんくるないさーの精神で日々頑張ってま~す!!