こどもたちの「地産地笑」を楽しもう!「佐世保かっちぇて落語っ子の会」が開催されるみたい〜!

落語っ子の会

第6回佐世保かっちぇて落語っ子の会

落語と言えば、宮藤官九郎(クドカン)の落語をモチーフとした作品「タイガー&ドラゴン」を思い浮かべます。
「俺の、俺の、俺の話を聞けぇぇ〜!」ってテーマ曲のやつですね(^^)

ママライターのサキです。こんにちは〜

さてさて皆さま、「佐世保かっちぇて落語会」ってご存知ですか?
落語が好き!っていう志だけで集まった皆さんたちの手作りの会みたいですよ!
ちなみに「かっちぇて」とは佐世保の方言で「仲間に入れて」という意味らしいです〜

佐世保かっちぇて落語っ子の会

「佐世保かっちぇて落語会」には、佐世保市出身の放送作家「海老原靖芳(えびはら やすよし)」さんが指導する、小学生から中学生の子供たちによる「佐世保かっちぇて落語っ子の会」もあるようです〜

子どもたちに落語を通して「自分を表現することの喜び、日本語の豊かさや奥深さ、方言の面白さ」などを教えたり、本格的な高座で、毎回トップクラスの落語家さん達の前座を務めさせているみたいです〜

海老原靖芳とは?

放送作家。1953年、佐世保生まれ。青山学院大学経済学部卒。
笑いを作る放送作家としてとんねるず、ビートたけしとたけし軍団等のコント台本を書き、「志村けんのだいじょうぶだあ」、「吉本新喜劇」など、数多くの人気番組を手がけている

こどもたちだけの落語会

海老原さんが指導されたオリジナルの創作落語を、日頃稽古している清水地区公民館で、12月9日(土曜日)に、こどもたちだけの落語会に挑戦するようですよ〜

落語っ子の会
開催日2017年12月9日(土)
時間開場 13:30
開演 14:00
会場清水地区公民館 講堂
長崎県佐世保市保立町12-31 [地図]
料金無料(※事前予約が必要)
予約・お問合せ清水地区公民館
0956-76-7333(平日9:00~17:00)

 

こどもたちによる地元ネタを楽しんでみてはいかがでしょうかー?
もしかしたら、将来、有名な落語家が誕生するかも〜

 


落語っ子の会

WRITERこの記事をかいた人

サキ

とりあえずミーハー。男の子2人のママでございます。
お花をちまちま扱うのが好きな女子です。
女子と言っていい歳でいいのかは不明ですがww
ふらふらどこかに出没します。