「窯カフェ」が5日間限定でオープン!三川内焼窯元はまぜん祭り

コーヒー

三川内焼窯元はまぜん祭り

陶磁器へのこだわりと陶芸の郷「三川内」に対する愛着のもとに始まったお祭りです。
ちなみに三川内町は、産業としての「窯業」と、伝統工芸としての「みかわち焼」を代々受け継ぎ、約400年もの歴史と伝統がある町ですね〜。

三川内はまぜんまつりチラシ1
三川内はまぜんまつりチラシ2

はまぜんって何?

「はまぜん」とは、焼き物を焼成する時に、歪み防止のために下に敷く道具で、しかも一度使用されると二度と使用されることはないようです。
「はまぜん」がないと、三川内焼のような美しい焼き物はできなかったといっても良いでしょう。

そんな、とっても大切な役目を担う「はまぜん」に深く感謝の意を表し、その供養を行うお祭りが、「三川内焼窯元はまぜん祭り」なんだって!

はまぜん

5日間だけの窯カフェ

三川内焼窯元はまぜん祭りの期間中に、昭和初期~昭和中頃まで使用されていた古い窯場が修復されて「窯カフェ」がオープン。
三川内焼の器を使って、コーヒーとスイーツが楽しめるみたいよ〜。

会場に行ったらゲットできるであろう、「三川内焼窯元はまぜん祭り」のチラシにはだいたいの場所が描かれているので、自分で探して、見つけた時の喜びも味わっちゃってね。

コーヒー2

 

第32回 三川内焼窯元はまぜん祭り
期間2017年5月1日〜5日
時間09:00〜17:00
イベント
  • オークション(公民館)※1日2回(11時00分~・15時00分~)
  • 三川内焼お楽しみ袋販売(公民館)
  • 三川内焼まめうつわ展(古い窯場)
  • 窯カフェ(コーヒー・豆皿スウィーツ・お茶など)
  • はまぜん弁当(四季彩館)
  • 食事処(三川内山公園)駅前居酒屋おりおせ
  • 楽焼体験(絵付)(送料別1,000円程度)平戸松山窯・嘉久正窯
  • 唐子絵付体験教室※嘉泉窯(体験無料)
  • ウォークラリー(窯元めぐり)
電話0956-30-8311
(三川内陶磁器工業協同組合)
web 三川内陶磁器工業協同組合

コーヒー

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。