ヒツジも衣替え!?森きららで「ヒツジのさっぱりタイム2017」開催!

ヒツジの正面

ヒツジのさっぱりタイム2017

過ごしやすい季節になり、みなさま衣替えもすんだ頃と思います。
動物たちも「換毛期」といって毛が生え変わる時期なんですって!
人間も動物も、衣替えの季節なんですねぇ。

ハンガー

ヒツジに換毛期はないのか?

動物園のヒツジたちをみると、今の季節になってもモコモコを着たヒツジたちがいますね。
現代の羊は品種改良され、羊毛が長く伸びやすいらしいので、毛刈りをせずにほったらかしておくとモコモコになるみたい。

ヒツジたち

なんで毛を刈るの?

毛を刈るのには、羊毛を得るためや、熱中症予防とか、モコモコしていたら太っているのか痩せているのか外見からは判別が難しく、毛を刈ることによってヒツジたちの健康チェックをしているみたいですね。

ウール

毛刈りを間近で見学できる

バリカン
※バリカンのイメージ

「九十九島動植物園森きらら」では、飼育係がヒツジについての解説も交えながら、バリカンやハサミで毛を刈り込んでいくようすを近くで見学できるみたい!

日時4月23日(日)10:30〜
(所要時間 約15分)
場所ふれあいステージ

 

毛刈りが初めての人だと1頭1時間以上かかるみたいです。
ちなみに、オーストラリア人のイアン・エルキンス氏は、「羊の毛刈りの王者」らしく、1頭3分で刈れるらしいです。
毛刈りは、すばやくやらないと、羊にはストレスになりますからね!

 

こちらはヒツジの毛を刈っているおじさんの動画。(バリカンの音が大きいので注意して見てね。)

 

九十九島動植物園 森きらら
住所長崎県佐世保市船越町2172 [地図]
時間9:00~17:15
(入園は16:45まで)
休園日年中無休
料金大人(高校生以上):820円
小人(4歳〜中学生):210円
3歳以下:無料
web九十九島動植物園 森きらら

ヒツジの正面

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。