佐世保市民文化ホールで、「英語で広がる私たちのミライ」について語るみたい!

マイク

英語で交わるまちSASEBO推進フォーラム

佐世保市が人口減少に歯止めをかける地方創生策として、「佐世保で暮らすと英語が身につく」みたいなことを打ち出していましたね〜!

1902年4月の市制施行から115周年を迎える今年を「まちづくりの節目の年」と位置づけ、「英語が話せるまち」などに取り組む方針を明らかにした。

引用:毎日新聞 2017年1月5日

3月25日のフォーラムは、「英語が話せるまち佐世保」の実現に向けて第一弾のようなイベントみたい。
ちなみに、フォーラムというのは、公開討論会みたいな感じですかね!

英語フォーラムチラシ

トムのノリノリEnglish

さて、させぼ通信では、2016年6月6日より英語をちょっとでも身近にしようってことで、「トムのノリノリEnglish」という連載がスタートしましたね!

しかし、残念ながらトムやナターシャは今回のフォーラムにはお呼ばれしていないようです。

 

トム
ナターシャ!僕たちは、呼ばれなかったみたいだね!
ナターシャ
あなたは確実にお呼びはかからないと思うわ・・・

トムのノリノリEnglish第1話はこちら

第1話 トム、佐世保へやってくる!

2016.06.06

リサ先生はパネリストに!

トムたちはお呼びでないけれど、「トムのノリノリEnglish」の全翻訳を担当してくれている「リサ先生」はパネリストとして登場しますよ!

EAC代表 中尾李沙

佐世保市出身。カナダへ語学留学し幼児英語教育の課程を修了、小学校英語講師認定を取得。
米軍基地居住区内に住む外国人の自宅にホームステイする「国内ホームステイ」を取り入れた体験型の英会話教室を運営。平成25年からは佐世保市外国語指導員として、小学校5・6年生の英会話クラスも担当。第4回ビジネスプランコンテスト最優秀賞受賞。

こどもたちが教室の外で体験しながら学べる「フィールド英会話」が開催されました!

2016.09.11

ビジネスプランコンテスト最優秀賞受賞!英会話の新しいカタチ「フィールド英会話」

2016.05.18

パネルディスカッションでは、「英語で広がる私たちのミライ」をテーマに、佐世保の魅力を改めて確認しながら、これまで育んできた風土や文化、資源を活用したまちづくりについて語り合うようですね〜!

英語で交わるまちSASEBO推進フォーラム
日程2017年3月25日(土曜日)
15:00オープニングアクト
GOL★HAF
15:30基調講演
世界に広がる私の可能性(仮題)
講師:宮本エリアナ
16:00パネルディスカッション
英語で広がる私たちのミライ
・宮本エリアナ
・山崎祐一
・中尾李沙
・朝長則男
問合せ 佐世保市教育委員会 社会教育課
0956-24-1111

マイク

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。