この日しか体験できない!繭玉に彩られる特別な時期に「着物でまち歩き」

着物を着た女性

「入り江で迎える宿場町 江迎」モニターツアー開催

江迎の町が繭玉いっぱいになる、春の恒例行事「肥前えむかえ繭玉まつり」が3月3日~4月9日まで開催されるのはもうみなさんご存知かと思います!

▼これは去年の繭玉まつり。

2016年 肥前えむかえ繭玉まつりが始まりました!

2016.03.06

着物でまち歩き

さてさて、そんな特別なこの時期、江迎のまちを着物で散策してみませんか?っていう素敵なイベントが企画されていますね!

もうすぐ春を迎える江迎町では、春の恒例行事「肥前えむかえ繭玉まつり」が3月3日~4月9日まで開催されます。江迎の町が繭玉に彩られるとっておきのこの時期に、着物でまち歩きはいかが??
繭玉にちなんだ御膳やスイーツで、身も心も満足すること間違いなしのひとときをぜひ。

引用:海風の国

~着物でまち歩き~「入り江で迎える宿場町。江迎」モニターツアー

住所2017年3月12日(日曜日)
集合場所佐世保観光情報センター
長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)[地図]
時間9:30〜17:00
定員10名
金額2,000円
行程
  • 9:30 佐世保観光情報センター集合・受付
    佐世保観光コンベンション協会第二事務所にて着物レンタル・着付け
  • 10:30 佐世保駅出発(貸切バス)
  • 11:30 江迎バスセンター → 散策約30分
  • 12:00 桜屋旅館で昼食 → 散策約20分 → 寿福寺で繭玉スイーツ+お茶 → 散策約20分
  • 14:25 本陣屋敷跡見学、潜龍酒造で蔵開きに先立って新酒の試飲とお買い物
  • 15:45 潜龍酒造駐車場発(貸切バス)
  • 17:00 頃佐世保駅着 着替えて解散

 

着物レンタルに着付けとかもしてくれるみたい

着付け
着付けについて
  • 着物(小物含む)、草履、足袋は持ち込み可能です。
  • レンタルご希望の方は、申込み時に身長および足のサイズをお知らせください。(足袋のみ、現地購入も可)
  • 当日は着物着用の為、インナーは襟開きの大きいものをご着用ください。
  • 防寒対策をされる場合、トップスは肘丈のもの、スパッツなどは膝丈のものをご着用ください。
  • 髪の長い方は、肩にかからない程度にまとめてご参加ください。(髪のセットは行っておりません)
※カメラマンが同行します。着物姿でまち歩きしている場面などを撮影し、今後の「繭玉まつり」などのPR(チラシやポスター含む)、ガイドブックや広報に使用いたしますので、あらかじめご了承ください。

その他
  • 佐世保駅までの移動交通費は自己負担となります
  • モニターツアーとなりますので、アンケートへのご協力をお願い致します
  • 天候対策は各自でご準備ください。

この時期でしか体験できないイベントですね!
させぼ通信も同行お願いしてみようかな〜と。
それでは!

お問い合わせ
主催(公財)佐世保観光コンベンション協会
住所(公財)佐世保観光コンベンション協会
長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)[地図]
お申込み電話:0956-23-6843
メール:sasebo208@rapid.ocn.ne.jp
佐世保観光コンベンション協会 企画課

着物を着た女性

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。