西沢本店で「手作り日傘教室」が開催!ところで日傘と雨傘の違いは?

傘を持つ女性の後ろ姿

手作り日傘教室

生地1m(柄合わせが必要なものは1.5m~2m程)でお気に入りの素敵な日傘が短時間で作れちゃうという、西沢本店4階ミシンコーナでの「日傘教室」が密かに人気のようですね。

こんなのとか


こんなのとか


 

日傘と雨傘の違い

両方ともあまり使用しないわたくしTAKE-Dがいうのもなんですが、違いはこんな感じですかね!

◎日傘 -ひがさ-
快晴の空
  • 強い日差しを避けるために使う
  • サイズが小さめ(雨傘と比較して)
  • デザイン性が高い
  • UVカット加工が施してある
◎雨傘 -あまがさ-
雨に濡れた黒い傘
  • 雨に濡れないために使う
  • サイズが大きめ(日傘と比較して)
  • 落ち着いた色味が多い
  • フッ素系の薬剤で防水加工してある

 

そして、生地に関しては、日傘・雨傘ともに織り上がった時点では基本的には同じようで、その後の加工方法によって左右されるそうな。
雨傘は「フッ素樹脂」を使って撥水加工していて、黒系統の雨傘でも90%以上のUVカット効果が期待できるといいます。
だったら「日傘いらないじゃん」と、思いがちですが、日傘は、通気性を持たせたり、熱が籠もりにくく設計されていたり、見た目にも軽やかなカラーやデザインを施されていたりと。
皆さんご存知の通り、その時々で使い分けるのが良いですね!

ちなみに西沢本店の「手作り日傘教室」で作った傘は、撥水加工は施さないので、日傘として使用しましょうね!

 

撥水効果の復活方法

これは試してみたくなりますね!
熱を加えると撥水効果が復活する!(フッ素加工を使用していない傘は復活しないよ)

 

手作り日傘教室
3月の日程3日(水) 4日(土) 8日(水) 11日(土) 15日(水) 22日(水) 26日(日)
時間10:00〜13:00
住所西沢本店:4階ミシンコーナー
長崎県佐世保市島瀬町7-7 [地図]
料金500円+材料費
定員各日2名ずつ
持参するもの洋裁道具
ご予約0956-24-8111

傘を持つ女性の後ろ姿

WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。