長崎県伝統的工芸品「佐世保独楽」で縁起の良い一番勝負を!

新春独楽まわし大会

「喧嘩独楽」とも呼ばれている佐世保独楽。
「いきながしょうもんしょうくらべ」という掛け声で、どれだけ長くまわしていられるかを競います。
息長く廻る=「健康長寿」や廻りが良い=「金運上昇」などと言われ、縁起のいい一番勝負です。
大人の部、女性の部、子供の部があり、それぞれ3位までの入賞者には賞品の贈呈もあり、ぜんざいの振る舞いもあるようです。

いきながしょうもんしょうくらべ

漢字表記すると「息長勝間勝競べ」となり、「どれくらい長く独楽を回せるか勝負しよう」という意味。
相手の独楽を傷つけ、割ることも醍醐味のひとつといいます。
下記リンク先の動画の中(2:17〜)では、相手の独楽目掛けて叩きつけていますね!
長崎県|インターネット放送局「よかよかテレビ」

◎遊び方

「いきながしょうもん」の掛け声を唱え一斉に独楽を投げたり、ジャンケンで順番を決めたりする。2回目以降に遊ぶときは「回り時間」が短かった人から順番に回していく場合もある。

後から回す人は先に回っている独楽に自分の独楽をぶつける事が可能。 オーバースロー気味に上から相手の独楽を狙い、相手の独楽の回りを止めたり、サブマリンのフォームで、相手の独楽を吹き飛ばす(流し独楽と呼ばれる)などの技を使いながら勝敗を競う。

剣を相手の独楽に当て、傷を付ける事もできるため「いかに相手の独楽に傷を付けるか」という駆け引きもある。さらに相手の独楽を割ることができれば、剣の部分を貰うことができ、子供にとっては「勲章」でもあった。

Wikipedia –佐世保独楽

 

新春独楽まわし大会
開催日2017年1月2日(月)
時間受付 12:00~12:30
開始 13:00~
住所佐世保独楽本舗
佐世保市島地町9-13 [地図]
電話0956-22-7934
画像:SASEBO Photo BOX:佐世保独楽

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。