ロマンティック・ブラストで開催されている「夜の読書会」に行ってきました。

夜の読書会

Romantic Blast(ロマンティック・ブラスト)というお店で「夜の読書会」というイベントが行われていまして、”にわか読書好き”な私フジムラにとって、とても興味そそるイベントだったので参加してきました。

<こちらが開催場所のRomantic Blast(ロマンティック・ブラスト)>
romanticblast

以前、5周年の記事でご紹介したお店です。
[nlink url=”/?p=13127/”]

 

<店内に貼ってある案内のチラシ>
読書会案内

ほんわかするイラストのチラシ。
その横、、、手書き風デザインが実にクリエイティビティーです。
新しい本、人との出会いの場になればと、Romantic Blastさんの協力を得て「夜の読書会」を開催。特徴は読書会で紹介した本の一部は推薦文付きでお店に常設されています。

 

<おすすめ本を手に取り、要約を紹介します>
読書会4

「夜の読書会」は「朗読会」のように本を読む会ではなく、読書してる人が、

「私の好きな本これよー。ここのこんなとこが好きなのよ、読んでみてーよ。」

と、自分が好きな本・気に入っている本を独断と偏見で集まったメンバーに紹介(レコメンド)するというイベントです。かしこまったルールはなく、自分なりの表現で好きな本について語らうイベントです。

 

<好きな本の抜粋したい箇所が多すぎて迷っている主催の稗田憲太郎さん>
読書会2

会の流れは、だいたいの時間になると想い想いに席に着き、一人ずつ、時計回りに持参した本の紹介をスタート。
さらっと終わる人もいれば、熱く語る人もいたりして、持ち時間などの制限は特になし。持ってきた本が一冊だけの人は二週目(各自一回ずつ紹介が終わると二周目、三周目と廻ってくる)以降は紹介を聞いて本について話すのみでも良いし、途中で参加者の入れ替わりがあればもう一度持参した本の紹介をしてもOK。

 

<好きな本のことを語る時って熱くなるんですよね>
読書会3

 

稗田さんおすすめの一冊

おいしさの人類史(著)ジョン・マッケイド(訳)中里京子:河出書房新社』

「旨味、甘み、苦味、辛さなど、 普段私たちが感じているそれぞれの味覚についての歴史や過去の実験、最新の研究について書かれた本です。味覚を感知する体内の部位が解明されたのが20年 ほど前と結構最近で、そこまでの研究では時には常軌を逸した実験を行ったりして、非常にスリリングな道筋を辿ります。
海外の本を邦訳したものですが、筆者がジャーナリストをされている方なので専門的すぎず読みやすい本です。」

 

<初対面の本のは驚きや関心、興味が沸いちゃいます>
DSC02228

まだ読んだことない本(=無知・未知なる世界)と触れ合うと、自分の世界が広がる感覚がありますね。
お酒を飲みつつ、お店の音楽に揺られながら、好きな本についてゆるーく語り合う。

 

<おすすめ本の一部はお店に置いてあり自由に手に取ることができる>
読書会5

紹介した本はメンバー同士で貸し借りしたり、お店に置いてもOK。
あなたがおすすめしたい本がお店に来る人に読んでもらえる、なんてことも。
こちらのお店は「本と人の出会いの場」ですね。また、ここで言う「本」とは、活字だけのものではなく、漫画も写真集、エッセイも小説と、なんでもありなので、上の写真のような雑誌でも問題ないんですって。

 

<参加メンバーで記念撮影パシェリ>
読書会

第3回の参加メンバーの皆さん。
今回が初参加の方や、当日飛び入り参加の方など、初顔合わせの人がいましたが、本好きな人が「本」というキーワードで集まるとすぐに仲良しになっちゃうんですね。
本好きな人は大体友達〜。

 

さいごに

読書会では絶賛参加者を募集されているとのこと。
途中参加もありなので、時間がある人は好きな本を片手に気軽に参加してみてはいかがでしょうか〜。

〜主催の稗田さんより〜
「参加の予約は不要で、毎月第2火曜日の夜に行っていますので、ご都合のいい際に来ていただければと思います。
新規の参加者の方も毎回(今回は2名でした)来ていただいているので、お気軽にご参加下さい。
また、Facebookページに開催情報やレポートを掲載します。興味のある方は宜しければいいねをおねがいします。」

 

夜の読書会

日時毎月第2火曜日
予定時間19:30~(途中参加可)
参加費無料(別途 1ドリンクオーダー)
場所Romantic Blast
佐世保市下京町7-8 [地図]
必要なものオススメしたい本(ジャンル不問)
Facebook 夜の読書会

 


WRITERこの記事をかいた人

佐世保市出身、二児の父。 趣味はかっこつけて「読書」とでもしときましょうか。 みなさん活字読みましょー!