一流シェフが有田に集合!世界料理学会 in ARITA開催!

はじまりは、スペイン/サン・セバスチャン

スペインの街並み

スペインにある人口18万人余りの小さな街、サン・セバスチャンは「世界一の美食の街」として、世界中から観光客が訪れる街でしたが、かつては、空港もなく、観光資源もなく、閑散としていました。そんな状況を変えたのは、料理人たちでした。
1970年代後半、地元にある食材とフランス料理を融合させて新しい食文化を創造しようという運動「新・バスク料理運動」がはじまりました。
その試みの中で、料理人たちが集まって、勉強会を開き、技術と知識を教えあうことで、次第に街全体の料理のレベルが上がっていき、サン・セバスチャンを「世界一の美食の街」にする原点となりました。
やがて、サン・セバスチャンは人口あたりでのミシュランの星付きレストランが最も多い街となる。それにあわせて、ホテルなどの観光産業も発展し、この街は「食を観光資源として人を集めることに成功した街」として、世界中から地方再生の成功モデルとして注目されています。
引用:世界料理学会 in ARITA

 

 

世界料理学会 in ARITA

世界中から料理人や学者などが集い、料理法や考え方などを発表しシェアする。
料理や美味しいものが好きな人なら誰でも参加できるイベント!
そんな一大イベントが、おとなり佐賀県にてゴールデンウィークに開催されます!

世界料理学会 イベント
※画像をクリックすると、世界料理学会 in ARITAイベントページへジャンプします。

焼き物のまち“有田”での「世界料理学会 in ARITA」の開催を通じて、器の使い手である料理人と、器の創り手である有田焼の職人が、交流を深め、お互いのクリエイティビティを高めあうことにより、有田が、料理人にとって、使いたい(作りたい)器が手に入る街として評価され、料理人が集う場所となること(また、それに伴い、食や観光が発展していくこと)を目指しています。
引用:世界料理学会 in ARITA

 

 

ここでしか味わえない逸品料理

「世界料理学会 in ARITA」に参加する一流の料理人が作る、ここでしか味わえない一品(逸品)料理も楽しめるそうです。
鶏挽肉と野菜の煮こごり1
※写真はイメージです。

ARITA – バル MENUの一部

①:鶏挽肉と野菜の煮こごり
秋山 能久六雁 / 銀座・東京)

②:真蛸とアオリイカのスモークとクスクスの毛毬仕立て
植木 将仁Restaurant MASA UEKI

③:コロッケバーガー
山田 チカラ山田チカラ / 麻布・東京)

④:ブーダンノワール
小岸 明寛オーグードゥジュール・メルヴェイユ 博多 / 博多・福岡)

⑤:龍吟カレー
山本 征治龍吟 / 六本木・東京)

⑥:ブイヤベース
髙澤 義明TAKAZAWA / 赤坂・東京)

⑦:佐賀県産食材を使った牛丼
佐藤 伸一Passage53 / パリ・フランス)

⑧:さばの西京味噌煮、さんまの梅煮
笠原 将弘賛否両論 / 恵比寿・東京)

⑨:麻婆豆腐、焼売
田村 亮介麻布長江 香福筵 / 西麻布・東京)

⑩:スパイシースペアリブ(香味野菜たっぷりのせて)
秋元 さくらモルソー / 品川・東京)

 

 

トップシェフが語る「器と料理」の可能性とは・・・

 

お皿はキャンバスだと、よく言ったもんで、トップシェフの料理と創業400年の有田焼というコラボレーションも楽しみですね!

 

 

世界料理学会 in ARITA

開催時期:5月2日(月)〜5月4日(水)
開催場所:歴史と文化の森公園「炎の博記念堂」
住所:佐賀県西松浦郡有田町黒川甲1788 [地図]

 

産地視察 / プレイベント (※招待者のみの特別視察会)

  • 日時:5月2日(月)
  • 時間:13:00〜17:00
  • 場所:有田町内

有田焼の製造現場や最先端技術をシェフの皆さんに紹介します。
また、窯元との意見交換の場も予定しています。

 

料理学会

  • 日時:5月3日(火)・ 4日(水)
  • 時間:5月3日(火)10:00〜18:00 / 5月4日(水)09:30〜17:00
  • 場所:焱の博記念堂「文化ホール」(有田町黒川甲1788)

気鋭の料理人が、自らの哲学や感性を表現するために、どんな器を選び、どのように盛り付けるのか、映像とともに発表します。また、有田焼の職人も、料理人が求める器の創作の現場などを披露します。

 

見本市

  • 日時:5月3日(火)・ 4日(水)
  • 時間:5月3日(火)10:00〜18:00 / 5月4日(水)09:30〜17:00
  • 場所:焱の博記念堂「ホワイエ」(有田町黒川甲1788)

シェフ仕様の食器の展示や佐賀県産食材の紹介をします。

 

ARITA – バル

  • 日時:5月3日(火)・ 4日(水)
  • 時間:5月3日(火)11:00〜16:00 / 5月4日(水)11:00〜16:00
  • 場所:焱の博記念堂「コンベンションホール」(有田町黒川甲1788)

料理学会に参加する一流シェフが作る、ここでしか味わえない一品料理が楽しめます。

 

◎詳しくは「世界料理学会 in ARITA」ホームページへ

 

 

[nlink url=”/?p=14896/”]

 


WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。